デジタルパンフレット
東北高校 学校紹介
2017年1月 新校舎(中央校舎)完成予定
キャンパス散歩
  • 大学入試合格
  • 就職内定
小松島キャンパス

〒981-0905
仙台市青葉区小松島4丁目3-1
TEL:022-234-6361(代表)
FAX:022-234-6639

入試センター(直通)
TEL:022-234-2351
FAX:022-234-1986

お問い合せメールアドレス
入試センター
nyushi_center@tohoku.ed.jp

泉キャンパス

〒981-3214
仙台市泉区館7丁目101-1
TEL:022-379-6001(代表)
FAX:022-379-6003

新着情報

2016/12/20
私を成長させてくれた生徒会活動
小松島キャンパス前生徒会長、松浦沙織さんにインタビュー





 先日行われた生徒総会で、新しい生徒会役員にバトンを渡した小松島キャンパスの前生徒会長の松浦 沙織さん(文教3年・宮城野中)。約一年間、東北高校生徒会の要としての大役を担ってきました。ようやくその重荷を下ろした松浦さんに、これまでの体験や今の心境などを聞いてみました。

― 今までの生徒会活動、お疲れ様でした。任期を終えた今の心境はどうですか?

― ほっとしています。いろいろ大変なこともありましたが、みんなこんな自分についてきてくれて、なんとか重責を果たすことができました。

― 一番苦労したことはどんなことですか?

― 生徒会メンバーは、とても個性豊かな人が多いので、その人その人に合った仕事をやってもらうのが、大変でした。話し合いの場では、自己主張のぶつかり合いでなかなか決まらないこともありましたし・・・でも、それぞれが違う考えをぶつけることで、議論を深めることもできたと思っています。

― 生徒会に入って良かったことは?

― 私は中学校までとても人見知りでした。でも、生徒会に入ってからは、いろいろな場面で話さなければならないので、いつの間にか人前で話すことが苦にならなくなりました。それに、自分の時間をとても有効に使うようになりました。時間を無駄にしていると、やりたいことができなくなってしまいますから。

― これからの東北高校や、生徒会に望むことは?

― 今でもあいさつ交換は行われていますが、もっと学校全体に活発なあいさつが広がっていくといいな、と思います。それから、生徒会でいろんな行事をやらせて頂きましたが、スポーツ大会などの先生主体の行事も生徒会で運営できるようにしていけたらいいと思います。

― ところで東北文化学園大学の臨床工学科への進学が決まっていますが、どんなきっかけで決めたのですか?

― 最初は臨床心理を学びたいと思っていて、本で調べているときに、たまたま同じページに「臨床工学」のことが載っていて、これって何だろう?というのが始まりです。臨床工学技士の仕事を知って、やりがいがあるなぁと思うようになりました。東北で唯一、これを学べる東北文化学園大学への進学を決めました。


 終始、にこやかな笑顔でインタビューに答えてくれた松浦さん。その温和な人柄の内側には、将来へのしっかりとしたビジョンがありました。東北高校生徒会での貴重な体験を今後の生活に存分に活かしていって下さい!

ページの先頭へ戻る