デジタルパンフレット
東北高校 学校紹介
2017年1月 新校舎(中央校舎)完成予定
キャンパス散歩
  • 大学入試合格
  • 就職内定
小松島キャンパス

〒981-0905
仙台市青葉区小松島4丁目3-1
TEL:022-234-6361(代表)
FAX:022-234-6639

入試センター(直通)
TEL:022-234-2351
FAX:022-234-1986

お問い合せメールアドレス
入試センター
nyushi_center@tohoku.ed.jp

泉キャンパス

〒981-3214
仙台市泉区館7丁目101-1
TEL:022-379-6001(代表)
FAX:022-379-6003

新着情報

2017/02/15
先輩たちの講話に興味津々!
文理コース2年 卒業生講話を聴く


先輩方よろしくお願いします。

須藤先輩,佐々木先輩,工藤先輩。

角先輩,高宮先輩。

みな緊張しています。

真剣に聞いています。

後ろ姿も真剣です。

大切なことはメモするんだ!

質問する生徒①

質問する生徒②

これから1年,がんばるぞ!!

 2月15日、文理コースの2年生が、昨年卒業した先輩方の講話を聴きました。講話をしてくれたのは、現在大学1年生の工藤 博和さん(福島大・理工学部)、佐々木 翔さん(山形大学・地域教育文化学部)、須藤 康平さん(東北学院大学・文学部)、高宮 友希さん(東北文化学園大学・医療福祉学部)、角 貴幸さん(東北学院大学・教養学部)の5人。
 
「センター試験で思うような点数がとれず、そこから本気で取り組み、自由登校で毎日10時間以上勉強に取り組んだ。」「推薦入試の口頭試問では、世界で今起きていることなど様々な知識が問われる」「平日は5時間、土日は10時間勉強すると決めて、タイマーで計りながら頑張った」「志望理由書を20枚以上書き直して推薦入試に臨んだ」「東北高校の先生方は本当に親身になってくれるので、先生方を信じて頑張って!」・・・など、貴重な体験談に、みんな興味津々。

「受験勉強が本格的になってから、自分の趣味や息抜きの時間はどうやって確保しましたか?」「自分はやらなければいけないことがあると、手あたり次第になって、なかなかいい結果が得られないが、その辺はどうやってコントロールすればいいですか?」など、切実な質問も多く出て、高校生にとって大変有意義な講話になったようです。お話して下さった先輩の皆さん、貴重なお話を本当にありがとうございました!

ページの先頭へ戻る