デジタルパンフレット
東北高校 学校紹介
2017年1月 新校舎(中央校舎)完成予定
キャンパス散歩
  • 大学入試合格
  • 就職内定
小松島キャンパス

〒981-0905
仙台市青葉区小松島4丁目3-1
TEL:022-234-6361(代表)
FAX:022-234-6639

入試センター(直通)
TEL:022-234-2351
FAX:022-234-1986

お問い合せメールアドレス
入試センター
nyushi_center@tohoku.ed.jp

泉キャンパス

〒981-3214
仙台市泉区館7丁目101-1
TEL:022-379-6001(代表)
FAX:022-379-6003

新着情報

2017/07/12
キラリと光る自分になる!Vol.6 ~チアリーダー部、湯田海音さん、菅原柚衣さん~
応援って楽しい!






 今回の「キラリと光る・・」は、チア部の2年生二人に、チアの魅力や活動について聞いてみました。

ー二人がチア部に入ったきっかけは何ですか?

ー私は以前は卓球部に入っていたのですが、もともとダンスをやっていたこともあって、去年の秋からチアに入りました。(湯田)
ー私は、中学校の頃から甲子園で応援してみたいと思っていたのと、ダンスも興味があったので入りました。(菅原)

ー菅原さんは、去年、硬式野球部の応援で甲子園に行ったんですね?

ーそうなんです!バスで12時間かけて、甲子園に行ってきました。夢の甲子園で、硬式野球部の応援をできて、すごく楽しかったです。暑くて大変だったけど、貴重な体験ができました。(菅原)

ーチア部の普段の活動について教えて下さい。

ー普段は週に3日、練習をしています。チア部は小松島キャンパスと泉キャンパスの両方で活動しているので、そのうち何回か泉のメンバーが小松島に来てくれて動きを合わせます。振付は先輩から教えてもらって代々引き継いだものに、その年によって多少アレンジを加えたりしています。(湯田・菅原)

ー2年生は現在二人だけだそうですね?

ーはい、でも1年生がたくさん入ってくれたので、みんなで仲良く和気あいあいと活動しています。(湯田・菅原)

ー二人の将来の夢は?

ー私はできればプロのダンサーになりたいと思っています。今ダンスのスクールに入っていて、そこですごく刺激を受けて、自分の夢はこれしかないと思うようになりました。(湯田)
ー私は東京の大学に行って、ファッションやインテリアの勉強をしてみたいと思っています。(菅原)


ーチアの魅力について一言。

ー野球部やサッカー部など、他の部の応援をすることによって、すごく盛り上がれるところ!ヒットを打ったり、ゴールを決めたりした時は、みんなで喜びますし、ハラハラドキドキしたり、選手と一体となった高揚感が味わえるところが魅力です。(湯田・菅原)


 チアリーダー部というと華やかで派手なイメージを持たれがちですが、自分たちも楽しみながら、選手たちを盛り上げる、そんなチアの魅力を気取らない素直な表現で話してくれました。
 先日開幕した硬式野球部の夏の大会でも、精一杯の応援で選手たちを盛り上げて下さい!

ページの先頭へ戻る