デジタルパンフレット
東北高校 学校紹介
2017年1月 新校舎(中央校舎)完成予定
キャンパス散歩
  • 大学入試合格
  • 就職内定
小松島キャンパス

〒981-0905
仙台市青葉区小松島4丁目3-1
TEL:022-234-6361(代表)
FAX:022-234-6639

入試センター(直通)
TEL:022-234-2351
FAX:022-234-1986

お問い合せメールアドレス
入試センター
nyushi_center@tohoku.ed.jp

泉キャンパス

〒981-3214
仙台市泉区館7丁目101-1
TEL:022-379-6001(代表)
FAX:022-379-6003

新着情報

2017/10/13
文理コース1年 校外研修・研究発表会 開催
教室では学べないことがいっぱいある!



まずは、班で打ち合わせを・・

この部分は誰がやる?

熱く語ります・・

「この発表、良かった人~!」「はーい!」

写真やイラストでわかりやすく

「ずんだの歴史は~・・」

10月11日(水)の6,7時間目、文理コースの1年生が、9月に行われた校外研修での研究成果の発表会を行いました。これは、校外研修の事前学習として、班ごとに様々なテーマに基づいて調べ、実際に現地で検証した結果をまとめ、発表するというもの。それぞれの発表毎にお互い挙手で点数を競い合い、楽しい雰囲気の中で会は進められました。どの班も有意義な研修となったようです。
 生徒の感想も併せて紹介します。

「校外研修を終えて」  文理コース1年 加藤春奈

 今回私たち文理コース1学年は、二泊三日という短い時間でたくさんのことを経験し、学んできました。
 私たちは、校外研修の前にいくつかのグループに分かれて事前学習を行いました。テーマはそれぞれで、「釜石市の水産量」や「秋田の方言、特産物」、そして有名な「大曲の花火」について調べた班もあれば、今回の校外研修のテーマの一つでもあった「被災地の復興・復旧状況」について調べた班もありました。
 そして実際に現地を訪問して、そこで初めて知ったこともたくさんありました。例えば、秋田弁は昔と比べて話している人が少ないということや、被災地に行き実際に地に足を着け、現在の復興・復旧状態を肌で感じ、まだまだ完全復興・復旧には時間やお金が必要だと感じた人も少なくありませんでした。
 このように私たちは、短い時間ではありましたが、今の東北をより深く知ることができ、また一人ひとりがこれからの東北の復興・復旧について考えることができたと思います。
 今回経験し学んだことを世界はもちろん自分たちの将来にも活かせれば、と思います。

ページの先頭へ戻る