デジタルパンフレット
東北高校 学校紹介
2017年1月 新校舎(中央校舎)完成予定
キャンパス散歩
  • 大学入試合格
  • 就職内定
小松島キャンパス

〒981-0905
仙台市青葉区小松島4丁目3-1
TEL:022-234-6361(代表)
FAX:022-234-6639

入試センター(直通)
TEL:022-234-2351
FAX:022-234-1986

お問い合せメールアドレス
入試センター
nyushi_center@tohoku.ed.jp

泉キャンパス

〒981-3214
仙台市泉区館7丁目101-1
TEL:022-379-6001(代表)
FAX:022-379-6003

奨学生制度について

奨学生の免除特典と学納金
奨学区分 学納金で免除されるもの
S奨学生 二次入学金,(授業料・教育費・施設整備費)×3年間
A奨学生 二次入学金,(授業料・教育費)×3年間
B奨学生 二次入学金,(教育費・施設整備費)×3年間
C奨学生 二次入学金

※この他に旅行積立金・教材費・父母教師会費等が別途かかります。
※本校に就学支援金が支給された場合には、所定の授業料(29,000円)から就学支援金を除いた金額が免除の対象となります。

奨学生区分及び出願資格

①普通一般入試による奨学生制度
※一般入試(国・数・英)の結果により、学業奨学生になれます。
※他校との併願が可能です。

種類 実施コース 採用基準 区分 国・数・英 の得点(昨年度の場合)
学業
奨学生
・創進 普通一般入試の成績、面接及び調査書を総合的に判定し、優秀であると認定された者

※学業奨学生として採用されたときは、採用通知を合格通知に同封し、保護者宛に郵送します。
S 250点以上
A 240点以上
B 230点以上
C 220点以上

②奨学生推薦入試による奨学生制度

種類 実施コース 採用基準 区分 国・数・英 の得点
(昨年度の場合)
学 業
奨 学 生
・創進 (1)平成27年3月卒業見込みの者
(2)中学校長より推薦される者
(3)本校を第一希望とし、合格した場合は、必ず入学する者
(4)入学後も学業に意欲的に取り組むことができる者
S (1)中学3年時の9教科の評定平均が4.0以上
(2)国・数・英の入試得点が240点以上
A (1)中学3年時の9教科の評定平均が4.0以上
(2)国・数・英の入試得点が239点以下
B 中学3年時の9教科の評定平均が3.8以上
C 中学3年時の9教科の評定平均が3.5以上
文化・
スポーツ
奨学生
・文教
・スポーツ
(1)平成27年3月卒業見込みの者
(2)中学校長より推薦される者
(3)本校を第一希望とし、合格した場合は、必ず入学する者
(4)文化・スポーツ面で特に優れ、入学後も部活動を継続し、学業とともに意欲的に取り組むことができる
S 本校の顧問・本人・保護者・中学校の確認のもと出願する。
A
B
C
本校の奨学制度

本校には、創立以来の建学の精神に基づき、有為な人材育成に寄与するため、次のような奨学制度があります。

奨学制度名 内 容
校内奨学制度 学校生活と学習努力が顕著と認められる生徒に対して、学期末・学年末の成果をもとに表彰、奨学金が給付される奨学制度。
300年計画奨学生制度 学業優秀・品行方正でありながら経済的理由により学業の継続が困難な生徒に対して、300年計画奨学金(本校独自の奨学制度)が給付される奨学制度。
同窓会奨学基金制度 学業優秀・品行方正でありながら経済的理由により学業の継続が困難な生徒に対して、同窓会奨学金基金により奨学金が給付される奨学制度。
同窓生にかかわる奨学制度 本校同窓生の子女または兄弟姉妹が本校に入学した場合、入学時に奨学金が給付される奨学制度。
在校生にかかわる奨学制度 本校在校生の兄弟姉妹が本校に入学し同時に在学する場合、後に入学した弟妹に対して入学時および学納金の一部として奨学金が給付される奨学制度。
育英資金(奨学金)について...宮城県および他団体による育英資金(奨学金)です。

(1)高等学校等育英奨学資金貸付制度(宮城県管轄:私立学校通学者)【返済義務あり】
学業成績優秀な生徒で経済的理由により就学が困難であるものに対し、 学校長の推薦を受けた出願者について選考の上奨学金を貸与しています。

貸し付け月額 自宅通学者 自宅外通学者
30,000円 35,000円

(※平成25年度入学の場合)
※中学校在学中に予約もできます。
※無利子です。高校入学後に手続きします。ただし,学力基準と家計基準があります。
※宮城県以外の都道府県の出身者については,各出身県の育英奨学金制度が利用できます。

(2)交通遺児育英会 【返済義務あり】
保護者が交通事故で死亡,又は重い後遺障害により、修学が困難な生徒。
月額20,000円・30,000円・40,000円から選択

(3)あしなが育英会 【返済義務あり】
保護者が病気・災害等で死亡または重度の後遺症を負い、教育費に困窮している家庭。
月額30,000円

(4)亀井記念財団【返済不要】
高校生にふさわしい生活態度・信条を持ち学力優秀で向上心があり、家庭事情から学費の負担が困難な生徒。
月額10,000円
※主なものだけを掲載しています。詳しくは入学後にご案内します。

授業料の免除制度について

本校では,下記の事項に該当する生徒に対して授業料減免を行っています
私立高等学校授業料軽減事業補助金交付要綱(抜粋)
平成26年度適用

区 分 世帯区分および保護者の所得要 授業料の減免額
第1種 (1)生活保護世帯
(2)市町村民税が課されていない世帯
(3)市町村民税の所得割が課されていない世帯
(4)保護者の死亡,疾病,障害または失職等により(1)から(3)に定める者と同程度に生活が困窮していると認められる者
本来納付すべき授業料の額から「就学支援金の額を減じた額」の10割
(保護者負担なし)
第2種 (1)母子世帯または父子世帯であって,かつ市町村民税の所得割額が100円以上57,000円以下の世帯
(2)保護者の死亡,疾病,障害または失職等により(1)に定める者と同程度に生活が困窮していると認められる者
本来納付すべき授業料の額から「就学支援金の額を減じた額」の7割
(保護者負担3割)
第3種 (1)母子世帯または父子世帯であって,かつ市町村民税の所得割額が57,001円以上77,000円以下の世帯
(2)母子世帯または父子世帯を除く世帯であって,かつ市町村民税の所得削額が100円以上47,000円以下の世帯
(3)保護者の死亡,疾病,障害または失職等により(1)又は(2)に定める者と同程度に生活が困窮していると認められる者
本来納付すべき授業料の額から「就学支援金の額を減じた額」の5割
(保護者負担5割)
ページの先頭へ戻る