キャンパス散歩

本校は、小松島キャンパスと泉キャンパ スの2つのキャンパスで、それぞれ特色ある教育活動に取り組んでいます。 この『キャンパス散歩』では、両キャンパスの四季折々の様子などをお伝えしていきたいと思います。

泉キャンパスでナナカマドの赤い実を見つけました

投稿日:2016年10月04日 

泉キャンパスは今、秋たけなわ。校地を散策していたらナナカマドの赤い実を見つけました。

ナナカマドといえば、旭川出身の作家井上靖の「ナナカマドの赤い実の洋燈」が有名です。

私は十七歳のこの町で生れ
いま、百歳の、この町を歩く。

すべては大きく変わったが、
ただ一つ、変わらぬものありとすれば
それは、雪をかぶったナナカマドの、
ランプ 
あの赤い実の洋燈。



一歩、一歩、その汚れなき光に、
足許を照らされて行く。

現実と夢幻が、
このようにぴったりと、
調和した例を知らない。

ああ、北の王都・旭川の、
常に天を望む、凛乎たる詩精神。
それを縁どる、
雪をかぶったナナカマドの、
ランプ
あの赤い実の洋燈。


秋の夜長に読書はいかがでしょう。

鯉に撒き餌、のどかな小松島の秋

投稿日:2016年09月29日 

この日は期末考査最終日、全科目のテストを終えた昼休み、生徒が帰路を急ぐ中、池で一人撒き餌をしている方を見かけました。この方は、新校舎建築に携わる警備員の中村さん。春の起工式から毎日警備をする合間を見て、昼の休憩時間に時々、大きな鯉や鮒が泳ぎまわる池で撒き餌をしてくださっています。その中村さんに「東北高校の印象は?」と伺ったところ、「このすばらしい自然豊かな学習環境で学ぶ生徒さんは幸せ。今まで数多くの校舎建築警備をしてきた中で、毎日見ているが、東北高校の生徒さん達が一番いい!」とお褒めの言葉をいただきました。中村さんありがとうございます。多くの方々の愛に支えられている東北高校を実感した秋の一日でした。

小松島キャンパスで秋発見

投稿日:2016年09月07日 

今回は小松島キャンパスを散歩しました。ところどころに秋の訪れを感じます。スポーツと勉学の秋、東北高校の実際の様子は是非、学校見学会でお確かめください、10月8日(土)泉キャンパス10月9日(日)小松島キャンパスで開催されます。このHP右上赤いところをクリックしていただき必要事項を入力して直接お申し込みいただけます。

秋の気配が少しずつ感じられます

投稿日:2016年09月01日 

かつてない猛暑と台風に見舞われた今年の夏が過ぎ、校地内の木々の緑にも少しずつ秋の気配が感じられるようになってきました。今回は泉キャンパスの様子をお伝えします。

ツツジ、満開です!蓮(はす)も咲きました!

投稿日:2016年05月20日 

 4月に入学した1年生も、東北高校のグレーの制服が板についてきました。友達もできて、校内には明るい笑顔があふれています。
 
 小松島キャンパスは、今ツツジの花が満開です。池の蓮も白と赤の花が咲き始めました。木々の葉は、1日1日緑が濃くなってきました。1年の中で一番カラフルな季節です・・・

東北高校の特別な三つの桜!!

投稿日:2016年04月15日 

東北高校には特別な3つの桜があります。
小松島キャンパスには,あの2011年3月11日14時46分に発生した東日本大震災,その時に横倒しとなっても,4月には今までと同じようにすばらしい花を咲かせ私たちの心を和ませてくれた「震災桜」があります。また,2006年に本校の卒業生の荒川静香選手は,トリノオリンピックにおいて女子フィギアスケート初の金メダリストになりました。それを記念して泉キャンパスには桜名「静香」が寄贈され植樹しました。通称「静香桜」です。同じく卒業生の羽生結弦選手は,2014年のソチオリンビックにおいて男子フィギアスケート初の金メダリストとなりました。それを記念してソメイヨシノを植樹しました。通称「羽生桜」です。これからもずっと大切にしたい「東北高校の3つの桜」です。その他,両キャンパスには,桜がたくさん植えてあり,この時期私たちの心を和ませてくれています。
写真は上から①小松島・「震災桜」②泉・「羽生桜」③泉・「静香桜」(まだ咲いていませんでした)④小松島の桜⑤泉の桜

春が来た!

投稿日:2016年04月07日 

 小松島キャンパスの桜はもうすぐ満開です!

 今年の桜前線は例年になく早足でみちのくを駆け上っているようです。小松島キャンパスの桜も早いものはもう8分咲きくらいまで咲き進んでいます。キャンパス内に震災の時、根元近くの幹が折れて、そのまま根付いた通称「震災桜」があります。その震災桜も、きれいに咲いています。
 9日の入学式では、きっと満開の桜たちが、新入生を出迎えるはずです。

春よ、来い!

投稿日:2016年03月10日 

 つい2,3日前は4月を思わせるような陽気だったのに、今日はまた「春は名のみの風の寒さ・・」です。
 卒業式も終わり、1,2年生もスクーリングと部活動の生徒が登校するだけとなり、校内も少し寂しくなりました。
 それでも季節は確実に春を告げています。小松島キャンパスのそこかしこに小さな春を見つけてきました。これから少しずつ桜のつぼみが膨らんでいくのが楽しみですね!

化石を見つけたよ!

投稿日:2016年02月09日 

 小松島キャンパスは,仙台市内にありながらとても自然の豊かな場所である。春は桜,秋は紅葉が美しい。キャンパス内の池には時々,カモやシラサギも飛来してくる。時間のある時にキャンパス内を散歩すると心がホットする。----その散歩中,南校舎のわきであるものを見つけた。化石だ。貝の化石だ。ーーーロマンを感じる。 

今まで涼しい木陰をありがとう・・~けやき伐採~

投稿日:2016年01月22日 

 小松島キャンパスの校舎解体工事に伴い、南校舎前のケヤキや松の木が伐採されました。寒い冬には風雪をさえぎってくれ、暑い夏には涼しい木陰を作ってくれたケヤキの木ともお別れです。
 今までお疲れ様。ありがとう!

ページの先頭へ戻る